スタッフ紹介

佐々木克則

名前 佐々木克典
資格 ・理学療法士(PT)
・日本体育協会公認アスレティックトレーナー(AT)
所属 ・日本靴医学会正会員 評議員
・日本足の外科学会準会員
・日本理学療法士協会会員
学会論文 「靴の医学」第33回日本靴医学会学術集会 Vol.33 No.2に掲載されました。
論文はコチラからご覧いただくことが可能です。
経歴

1982年理学療法士免許取得、東芝中央病院勤務

1987年東芝強化スポーツ(野球2チーム、バスケットボール(男女)、ラグビー、バレーボールサッカーの計7チーム)
チーフトレーナー、大学ラグビーのトレーナーとして活動

1990年動的足底挿板理論と出会う

1993年オーソティックス研究会(足と靴の重要性を啓蒙する団体)設立メンバーとして活動開始

1994年広島アジア大会の本部医務班として帯同

1995年第18回ユニバーシアード大会’95福岡の本部医務班理学療法士として帯同
日本体育協会公認アスレティックトレーナー(AT)取得

2001年NPO オーソティックスソサエティーを設立、理事として活動を開始

2004年本格的な教育啓蒙活動に専念するため、東芝病院を退職 、有限会社KSケアウオークを設立し、「ドクターズディモコKS」を出店

2005年浜松町に「足と身体の健康工房」へ移転出店
ミズノ アドバイザリースタッフ(ミズノ直営店で「インソール工房」を立ち上げる)、ミズノのスポーツシューズ子供靴等の企画開発指導に携わる。

2012年政治の中心地永田町にて「ドクターズディモコ」、(株)ディモコシステムスに勤務

2014年「DYMOCO」を世界に広める活動開始務

2017年(株)ディモコシステムス退社

2018年(株)Balance Care 創業
Balance Care Lab.を大井町に出店

トップへ戻る