に投稿

先天性疾患を抱えた方の右足外くるぶしの痛みが楽になりました!

先天性疾患を抱えた方が来店
右足外くるぶし周辺の痛みが
楽になりました!

31歳 女性

主訴:
右足外くるぶし周辺の痛み
靴選びに困っている

経緯:
2か月位前から、歩く際に
右足外くるぶし周辺の痛みが出現
足専門医を受診し
紹介にて当ラボに来店

既往歴、過去の怪我:
二分脊椎にて手術4回
(0歳、小4、高2、高3)
腰痛2回(25歳、27歳)

仕事、資格:
家庭教師(デスクワーク)

足サイズ:
足長右21.1㎝で左が22.3㎝
足囲右荷重位21.8㎝で左が21.6㎝
足囲右非荷重位20.4㎝で左が20.5㎝
足幅右荷重位9.1㎝で左が8.9㎝
足幅右非荷重位7.7㎝で左が8.1㎝と
細い傾向性の5趾浮指
右足踵荷重傾向
両足共母指球周辺の過荷重傾向

立位バランス:
足踏み時右から挙げ
特に右片脚立ちにて不安定性出現
年齢の割にはかなり不安定

歩行バランス:
第1歩目を左から出して歩く歩行形態
右に傾く傾向性あり
母趾での蹴りだしは右が弱い

靴:
自称靴サイズは22.0㎝~22.5㎝
12足持参いただきましたが
全て合ってませんでした
一番あるきやすいのがNB(D)の
スニーカーで、一番歩きにくいのが
雨靴(ブカブカ)との事

バランスケア(BC)対応:
かなりバランスが悪い状況で
痛みも出ているため
持参した靴の中で
一番適合しているNBシューズに
BCオーダーメイド
アーチサポートインソールを作製
持参いただいた靴でヒール系の靴は
別に作製する必要があることをお伝えし
お持ち帰り頂きました
もちろん、正しい靴の履き方と
紐の締め方をしっかり指導し
その効果を感じて頂いてから
BCアーチサポートインソールを
作製させて頂きました!

作製のポイント:
生まれつきの疾患を抱えた方で
左右共過回外傾向であり
特に右足が小さく
よりその影響がありましたので
左右共3アーチをしっかりサポートし
左右のアーチパッドの位置を
3㎜ほど変えて
左右共足趾全てを使いやすくするよう
シートを付加し作製

作製後:
装着後は、左右共安定し
歩幅も広くなり、歩行速度もアップ

まだ31歳と若い方ですが
とてもバランスが悪く
既に、腰痛も2回既往があり
これから益々問題が起こる
そんな危険性が分かるからこそ
今後も踏まえ、きちんと説明し
ご理解頂きました!

もちろん
お帰りの際には
“笑顔”になって頂けました😊

「安定して、歩きやすいです!」
とのコメントもいただきました😉

これからずっと
サポートさせて頂きます!
そうお伝えしました!

に投稿

先天性奇形の中学生の女の子

12歳 女性 
主訴:右足第2趾が短い
経緯:特に痛みはないが、生まれつき右の第2趾が短く、浮いている
過去のケガや病気:特になし

足サイズ:足長実寸23.0㎝、ウイズ非荷重位B~Cで荷重位E、 ガース非荷重位A以下で荷重位D~E

フットプリント:右第2,4,5趾浮き指、左4,5趾浮指

立位バランス:足踏み時、右から挙げる。右片脚立ちにて不安定性出現

歩行バランス:第1歩目を右から出して歩く歩行形態で、右に傾く傾向性あり。右足爪先が外向きで、蹴りだしは右が弱い

靴:24.0㎝のPUMAの紐靴

バランスケア対応:学校履き(バレエシューズ)と普段履き(3足)持参のため、学校履き用と普段履き用の「バランスケアアーチサポートインソール」を2足作製。
普段履き用は全て紐靴なので、入れ替え対応としましたが、若干サイズが違うため、靴ひもをしっかり締めて合わせるよう指示し、出来るコトを確認した。
BCアーチサポートインソール装着によりさらにバランスアップ出来ていることを確認し、次回半年後に来店するよう伝えました。

本人からは、「歩くのがとても軽やかになりました!」と嬉しいお言葉をいただきました

ありがとうございました

に投稿

20年来使ってます!年輪のような「バランスケアアーチサポートインソール」

82歳 男性 
主訴:腰痛、脚長差
経緯:20年くらい前に腰痛があり、
バランスケアアーチサポートインソールを作製していた。

過去のケガや病気:1歳時、左足関節を虫に噛まれて感染症になり手術し左下肢短縮、中学2年時右膝打撲、左足関節捻挫数回、腰部脊柱管狭窄症、76歳時悪性リンパ腫、他に中耳炎、脳腫瘍もあり
足サイズ:足長実寸25.0㎝、ウイズ非荷重位B~荷重位E、 ガース非荷重位D~荷重位2E
脚長差あり:SMD右78㎝、左74㎝
フットプリント:左第2,3趾浮き指傾向、外側荷重

立位バランス:足踏み時、左から挙げる。左片脚立ちにて不安定性出現。
歩行バランス:第1歩目を左から出して歩く歩行形態で、左に傾く傾向性あり。右足爪先が外向きで、左足爪先が内向きと左右真逆で、蹴りだしは、左が弱い。
靴:25.5㎝の紐靴(ペダラ)

バランスケア対応:「バランスケアアーチサポートインソール」を20年前より使用中。2足作製し、ビジネスシュ
ーズやゴルフシューズ、スニーカーに入れて使用している。現在の運動としては、1日4000歩のウオーキングのみ。バランスケアアーチサポートインソールにて自制内で動けているとの事。半年周期で来店いただいていました。20年も使って頂いておりますが、「ご本人これのお陰で痛みなく歩けています!」と嬉しいお言葉をいただきました。
ありがとうございました。

に投稿

事故で多発骨折、神経麻痺も併発している人が!

事故で、多発骨折された人がラボに来られました!

32歳 女性

主訴:多発骨折後の歩行障害、左坐骨神経麻痺による装具装着、右アキレス腱周囲痛、両膝痛など多数

経緯:2019年7月25日歩行中後方よりタクシーにはねられ受傷。救急病院に搬送され、多発骨折(左鎖骨、骨盤3か所、右足関節)の手術を受け、10月8日まで入院治療。その後、リハビリテーション目的にて転院し、11月1日まで入院。1月23日~2月中旬に一度復職するも、骨盤骨折などの症状が出現したため、休職。通院はしているものの、自分でケア(ストレッチ、軽い筋トレ)している。今回、知人の紹介でラボに来店。

過去のケガ:小5時左肩甲骨骨折、小6時左手首骨折、両足関節捻挫(R>L)

スポーツ歴:中学時に軟式テニス

足サイズ:実寸24.0㎝のかなり細めの足(非荷重位がA、荷重位がD)

靴:アディダスの紐靴だが、左足に装具を装着している関係上、右23.5㎝で左27.0㎝の靴を履いていた。

      

フットプリント:足の指は全てついているが、左足がマヒの関係上薄い。


立位・歩行バランス:足踏みと歩き出しは左から。片脚立ちに関しては、左側は不可能。歩行時、身体が大きく左に傾いており、左足のマヒの影響が出ていた。また、身体が左に傾く関係上、右の腰に負担がかかる歩き方で、右足の内側に負担がかかっていた。

バランスケア対応:まず初めに、靴の正しい履き方とマジックベルトの正しい締め方を指導し、歩き方や歩きやすさが変化(改善)する事を感じてもらった。本人もその変化にちょっとビックリしていた。
その後、バランスケアアーチサポートインソールを作製。


        
もちろん、装具側にも装着したが、左へかなり身体が傾くことと左足関節の可動性が出ない事から1枚中敷きを装具の下に装着し、装具の上部(足が載る側)に装着した。そのままだと、足が引っかかるので、上から皮中敷きを綺麗にかぶせてみた。アフターの歩行動画を見ていただくとわかるかと思いますが、バランスアップ、歩行スピードアップはもちろん、あちこち合った愁訴がその場で軽減し、本人ビックリでした!

お客様の感想
足を入れて、踵をトントンして靴のマジックベルトをしっかり締めるだけで、こんなに歩きやすくなるなんて、ちょっとビックリしました!
それに加え、オーダーメイドアーチサポートインソールを作っていただき、足を入れた瞬間にフィット感が全く違いました!
とっても歩きやすくなりましたし、あちこち違和感とか張り感がありましたが、かなり減った感じがします!
とのコメントをいただきました。

嬉しい限りです。
久しぶりのちょっと重症のケースでしたので、集中しました。
フォローさせて頂きます。

に投稿

バランスよくパンプスが履けるようになりました!

51歳 女性 自営業

主訴:パンプスが合わない

経緯:普段から色々なパンプス(ヒール高4~5㎝のプレーンパンプスが多い)を履くが、合ったものを履いたことがない。

過去のケガ:約15年位前に右足関節捻挫、約10年前に左足関節捻挫、7年前に左足関節捻挫、4年位前に左足関節捻挫(この際に立方骨骨折も)。

足サイズ:足長実寸23.0㎝、ウイズ非荷重位D~荷重位3E4E、 ガース非荷重位D~荷重位2E

フットプリント:外反母趾傾向、左右第1、4、5趾浮き指傾向(R<L)

立位バランス:足踏み時、右から挙げる。左片脚立ちにて不安定性出現。

歩行バランス:第1歩目を右から出して歩く歩行形態で、右に傾く傾向性あり。右足爪先が外向きで、左足爪先が内向きと左右真逆で、蹴りだしは、左が弱い状況。

靴:プレーンパンプス2足、ブーツ1足、サンダル1足持参。23.0㎝の物が多い。

バランスケア対応:持参した靴を安定性や使用頻度などの要素を考慮して、先ず「黒のプレーンパンプス(スクエアトゥ)」を選択し、バランスを崩している歩行形態を変化させるための「バランスケアアーチサポートインソール」を作製した結果、バランスよく歩けるようになり、とても喜んで頂きました。

その後、他の2足(サンダル以外)にもサイズが少し大きめでしたので、「バランスケアアーチサポートインソール」を入れ替えて歩行チェックをした結果、バランスよくなったため、入れ書いてお使いになれることをお伝えしました。

ありがとうございました。

に投稿

右足の痛みを訴えて来られた人が、帰りは痛みがなくなりました!

71歳 女性 身長153㎝ 体重58㎏ 信頼する整形外科医の紹介で来店
主訴: 右前足部の痛み
発症と経緯:2019年12月頃に痛みが出現。同年9月~2020年1月まで区主催の健康ウォークに参加して歩いていたとのこと。自分で足サポーターをネット注文して使用していたが、症状が改善しなかった。
過去のケガなど: 幼少時に足関節捻挫(左右不明)あり。高血圧、高脂血症あり。2011年12月11日脳梗塞発症し、救急搬送され治療を受けるも右麻痺出現。12月22日にリハビリテーション病院に転院し4か月リハを受ける。
足サイズ:足長実寸21.5㎝、ウイズE~4E

フットプリント:右第2趾が浮いています

立位バランス:足踏みは右から挙げる、右片脚立ちにて不安定性出現

歩行バランス:第1歩目を右から出して歩く歩行形態で、右足が蹴りだしの際に外に傾く(外にバランスを崩しやすい)歩き方で、第2趾が着いていない状況。
靴:アキレスソルボシューズ(内側縦アーチが盛り上がっている)22.5㎝

バランスケア対応:履いてこられたシューズは、つま先形状が少し細めでしたが、足が前に滑って行かないよう紐の締め方を指導しました。そして、右不全麻痺の後遺症からくる右足が外に傾いてバランスを崩している歩行形態を変化させるための「バランスケアアーチサポートインソール」を作製しました。
結果、痛みがなくなり、とても喜んで頂きました!
このケースは、根本的な原因が「右不全麻痺」にあるとすぐに気づき、そこにアプローチした結果がすぐに出たものと思われます。
はやり、原因にアプローチすることが大事だと思います!
ありがとうございました。

に投稿

左足小指付け根のタコが痛くて削っていたが、バランスが良くなって負担が減り楽になりました!

76歳 TKさん 男性 177㎝ 76㎏
主訴:左小指付け根のタコの痛み

経過:3年位前から症状が出現し、皮膚科で削ってもらうも痛みが取れず、知人の整形外科医に紹介されラボに来店。
既往歴:足関節捻挫数回あり、34年前に胃潰瘍、13年前下肢静脈瘤にて手術、9年前に狭心症、8年前に腸閉塞
足サイズ: 足長は27.0㎝、荷重位やや太め

自称靴サイズ:28.0㎝の4Eじゃないとキツイという、一番楽な靴がスケッチャーズのスニーカー

フットプリント: 左足の2趾と5趾、右足の5趾浮指、左右共第1と第5趾の付け根に荷重過多あり

立位バランス: 左片脚立ちにて不安定性出現、左足が外に開いている立ち方(がに股)
歩行バランス: 1歩目左から、身体全体として左に傾いていて、左足の蹴りだしが悪い
バランスケア対応:正しい靴の履き方を指導し、バランスが良くなることを確認させて、痛みのある箇所の負担が減ることを理解させた。次に右に傾いたバランスをより安定させるようバランスケアアーチサポートインソールを作製し、装着。結果、歩行速度が増し、左右のブレが少なくなりました。ただ、靴底の外側が減っていたため、新しい靴の購入を勧めた。
本人は、ゆったり履ける靴が合った靴だと思い込んでいたため、先ずそこの意識を変えるための作業が必要でした。
最後は、足サイズの合った靴で紐を締めて履くことが大事であることを理解し、実践する約束をして帰られました。
足元から歩くバランスを整えて、痛みのある部位の負担が減り、笑顔になった瞬間でした!
ありがとうございました

に投稿

これで、山歩きが楽にできそうです!

63歳 男性 料理人
主訴:右外反母趾、時々右ひざ痛が出現
経過:4~5年前より右母趾(親指)の関節痛が出現(外反母趾に気付く)。
山を歩くと痛みが出るという事で、当ラボを紹介され、来店。
既往歴:21歳時、バイク事故で左足剥離骨折、皮膚&皮下組織挫滅(重症)にて6か月入院治療。
その後、数回足関節捻挫。腰痛時々。40歳時、大きなぎっくり腰
足サイズ:足長で左右1サイズの違い(左が短い)があり、足囲&足幅は右が太い。

フットプリント:右外反母趾。右第2趾浮指。

立位バランス:足踏み右から、片脚立ち、不安定な側は左側、右足先が外に開いている(Toe out)
歩行バランス: 1歩目右から、身体全体として右に傾く、左足の蹴りだしが悪い
靴:CANPERの26.0㎝を持参

バランスケア対応:まず、仕事中はクロックスを履いていた関係上、靴ひもを活用できていなかったため、
正しい靴の履き方と靴紐の結び方を指導したところ、蹴りだしがスムーズに可能。
その後に「バランスケアアーチサポートインソール」を作製し、浮いていた右第2趾が着くようになり、
歩幅が広がり、歩行速度が速くなっているのを確認!
また、セルフケアハンドセラピーを実施し、足が軽くなり、さらに足の動きが良くなりました。

お客様の声:凄く歩きやすくなりました!山歩きが楽にできそうです!
と言って喜んで頂きました。

結果、この方も、“足元から歩くバランスを整えて、沢山の方々を笑顔に!”出来ました。
ご来店いただき、誠にありがとうございました。

に投稿

靴紐の締め方の大切さを実感し、ちょっとビックリしました!

49歳 男性 銀行員

主訴:右足関節内くるぶしの痛み

経過:昨年秋頃より右足に痛みが出現。痛風かと思っていたが、知り合いの整形外科医の診察を受けて、“右足関節離弾性骨軟骨損傷”と診断され、
体重を落とすよう指示を受ける。その後、86Kあった体重を3か月で70Kにダウンするも、歩くと痛みが出るという事で、
当ラボを紹介され、来店。

既往歴:大学生の時、右足関節捻挫(アンクルガードを装着)

スポーツ:中学と大学でテニス部、その後社会人でテニスサークル

足サイズ:足長26.0㎝の普通の太さ

フットプリント:右足踵体重気味、母趾が小さく薄い

立位バランス:足踏み、片脚立ち、不安定な側は全て右、右足先が外に開いている(Toe out)

歩行バランス: 1歩目右から、身体全体として右に傾く、右足の蹴りだしが悪い

靴:テニスシューズと普段履きのスニーカーを持参(26.5㎝)

バランスケア対応:まず、靴ひもを全く活用できていなかったため、正しい靴の履き方と靴紐の結び方を指導したところ、劇的な変化に“ビックリ”されていました。その後に「バランスケアアーチサポートインソール」を作製し、アフターチェックをしたとたんにバランスが良くなり、本人もびっくり!
やはり、足元安定は、様々なトラブルに対し良い影響を与えることが分かりました。

まさに、“足元から歩くバランスを整えて、沢山の方々を笑顔に!”出来た瞬間でした。

に投稿

丁寧に対応いただき、歩きやすくなりました!

57歳 女性 専業主婦 長野県在住。

主訴:右足関節不安定性、足裏の痛み、外反母趾
尋常性乾癬(手足の爪)

経緯:2018年11月大きな長靴を履いて歩いたところ、10分位で右足に痛みが出現。近くの靴屋さんで靴合わせをしてもらったら少し楽になったとの事ですが、以前から何ヶ所か病院に行っていたため、一度きちんと足専門の病院で診てもらいたいという事で至誠会第二病院を受診。紹介で当ラボへ(2019年1月29日)。

既往歴:①3歳時、猫に噛まれて右第3指切断②高校生の時に右ひざ痛③22歳左足を車(バン)の後輪でひかれる④24歳腰部椎間板ヘルニア&右坐骨神経痛⑤30歳右足関節捻挫⑥30代両側坐骨神経痛⑦40代に右足関節捻挫2回⑧44歳時、肩関節周囲炎&ベーチェット病、尋常性乾癬、自己免疫疾患⑨52歳時、第5腰椎圧迫骨折⑩55歳時、右踵痛&ひざ痛等多数、他にアレルギーもあり、皮膚も弱いとのこと。

足サイズ:足長23.5㎝でかなり細めの足

フットプリント:細い足、外反母趾変形(R

立位バランス:足踏み、片脚立ち、不安定な側は全て右

歩行バランス:1歩目右から、身体全体として右に傾く、右足の蹴りだしが悪い

靴:全て大き目ですが、紐を結んで対応

経過:1月29日初来店以来、他の靴への作製(計4足)や調整のため、計4回(2019年5月8日、‪11月15日‬、2020年1月17日、3月4日)来店。

現在、手足の爪の問題があり皮膚科に通いながら、靴とバランスケアアーチサポートにてフォローしていますが、一番肝心な歩くための靴フィッティングが出来ない状況になります。

足については、肥厚した爪のためピッタリの靴が履けない状況にあったり、手の爪の影響で靴紐が十分に締められない状況になります。

手足の爪に対する治療が全く出来ていないというのがネックになっています。

にも拘らず、バランスケアアーチサポートインソールの1㎜以下の調整により、バランスよく歩ける環境(十分ではありませんが)が整えられることで、「足の爪も当たらなくて歩きやすいです!」と言ってお帰り頂けました。

私としましとは、十分ではありませんが、笑顔になって頂き、嬉しい限りです。

毎日、全てのコトやモノに感謝して、楽しく過ごすために、そして、たくさんの方々との出逢いに感謝して…

「足元から歩くバランスを整えて沢山の方々を笑顔に😊」するために、日々努力をし
心を込めて対応させていただきます

バランスケアラボ
佐々木克則