妊娠7か月の妊婦さんも笑顔に

<解説>

妊娠7か月の妊婦さんで、やはり安定していると思い込んでいる”ペッタンコシューズ“を履いて来られました。足長の実寸は23㎝でしたが、実際に履いていた靴サイズは24.0㎝と大きめの上、細い足で、しかもハイアーチと不安定要因がたくさんある方でした。

通常、妊婦さんは、徐々にお腹が前に大きく出てきますので、当然重心が前に行き過ぎないよう身体を反らして(反り腰で)バランスをとります。結果、腰が痛くなるという方が多いと言われています。その際、ほとんどの方が足元には目がいきません。その足元に着目すると、ほとんどの方が”足の指が浮いている“という状況になっていることに全く気付いていません。

靴は合っていませんでしたが、バランスケアインソールを装着した靴を履いた瞬間に、“良い!凄く良いんだけど!”と思わず本音のコメントを頂きました。