に投稿

痛みで歩き方を忘れてしまっていた状態だったのが、思い出せました!

51歳 男性 左強剛母趾、右足関節痛の診断を受けています。

身長は170㎝、体重は79㎏。

過去のケガとしては、①15歳の時、空手中に左母趾過屈曲2回(足の親指が過度に足裏の方に折れ曲がってしまった) ②足関節捻挫数回(R>L) ③事故で右膝蓋骨を脱臼して3回手術を受けています。

自称靴サイズは27.0㎝。

経過:3年位前に左母趾付け根の痛みが出現し、近医受診し痛風検査を実施するも異常なく、様子を見ていた。その後、痛みが増強し、別の病院を受診し“強剛母趾”と診断され、足底挿板(インソール)を作製するも痛みが取れず、他にも2か所病院を受診し、全ての病院にて足底挿板を作製するも軽快しなかった。昨年末至誠会第二病院を受診し、当バランスケアラボを紹介され、本日(2月27日)来店。

足のサイズ計測結果からは、足長26.5㎝のやや細めの足。

フットプリント(立った状態での体重のかかり方)は、左足の指がつかない(浮き指)状況でバランスが悪いのが分かりました。

歩くバランスは、右に傾く傾向性があり、左足の蹴りだし減少が確認でしました。

対応:靴は合っていました(ご本人が履いていて一番楽な靴とのこと)ので、それにバランスケアアーチサポートインソールを作製し、身体の右への傾き減少と左足の蹴りだし力がアップしているのを確認出来ました。

1時間かけてじっくりと説明対応し、足元から歩くバランスを整えた結果、「とても歩きやすいです!」

「ここに来られて良かったです!」と嬉しいお言葉をいただきました。

来て頂いて、本当にありがとうございました。

困っていらっしゃる方はまだまだま沢山いらっしゃると思います!
しっかりと対応させて頂きます。